読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡米生活。(日記)

渡米生活。本家から切り離しました。あまり渡米生活に関係のないプログラムネタや音楽ネタなど。

エックスサーバの落とし穴

ウェブ上ではどこを見てもいいサーバだと高評価が並んでいるエックスサーバですが、、、


本日とんでもない不便が発覚。

 

なんと、エックスサーバ同士の独自ドメインを用いたウェブサイトのサーバ間引っ越しがシームレスにできない!
そんなアホなことがあるか、と思って、サポートに問い合わせたら、方法はない、シームレスに移行したかったら一度外部のホスティングサービスに移って、それからまたエックスサーバに戻ってこいとのお言葉。

 

もちろん、独自ドメインにくっついてるメアドも同様に二段階引っ越しが必要。

やってられるかーーー!!!(怒)

共用サーバなんで、どうしても同居者との相性があります。
実際私が使ってるサーバも、頻繁にwordpressの「更新」ボタンを押すとぐるぐるカーソルが回っちゃってせっかくの変更が全部消える、ということが起きたので、この際別サーバに引っ越ししてみようか、とアカウントを取り直し、引っ越ししようとしたらコレですわ…(脱力)

まあ、そういうことがなくても、複数の独自ドメインを同じサーバで運用していて、やっぱりあとで別サーバに分けたい、とか、いろいろドメインの引っ越しが必要になる場面はあるわけで。

 
昔使っていたcoreserverxreaではもちろん簡単にそれができたので、当然エックスサーバもそうだろうと思っていたら、「できない」とのご返答だったわけです。

どういうことかというと、エックスサーバのドメイン設定は、厳密にエックスサーバの内部のサーバ一つにしか設定できないのです。

本来、各サーバのドメイン設定は重複していても(つまり複数サーバにexample.comドメイン設定があったとしても)、DNSサーバがそのうちのどれかひとつのサーバを指してさえいれば、事実上問題はないはずなんですが。

まあ、長期的には気持ちわるいかもしれんが、1週間やそこらで問題になるとは思えないので、引っ越し時限定で重複設定を許せばいい話なんじゃないか、と思う。

しかし、エックスサーバではそれは許してくれないので、新サーバにドメインを設定したければ、まず旧サーバのドメイン設定を削除しなくてはならない。
で、オソロシイことに、このドメイン設定を削除すると、サポートの言葉を借りるに、

ドメインの設定削除を行いますと、 メールアカウントを含むホームページ構成ファイルなど、 該当ドメインに関する【全て】のデータがサーバー上から 削除されてしまいますのでご注意ください。   

 というわけで、全部ファイル消されちゃうんですよ!!

つまり、旧サーバのファイルやwordpressのデータベースを全部ローカルに保存したとしても、新サーバにアップロードおよび設定が完了するまで、ウェブサイトが見れないのはもちろん、メールすら迷子になってしまうというありさま。
何らかの原因で引っ越しに失敗しても、もはや旧サーバに戻ることもできないのです。

しかも、こうやって旧サーバの設定を削除しない限り、新サーバでドメインの設定ができず、それができないうちは、ホームページ領域にアクセスする方法もなければ、メールの設定もできない。

 

さらに、DNSの変更がいきわたるまで最大24時間と思うと、その間、もしかしたら古いDNSを見たユーザはすでにホームページが消えちゃってる旧サーバを見にいっちゃって、「ファイルが存在しません」とか怪しいページが表示されてしまうわけですよね?
だって、サブドメイン用のディレクトリごと消す、っていってるんだから、「ただいま工事中」の簡単なhtmlファイルすら置けないわけですよ。

こんな怖い仕様のサーバありなの?! と私は思うんだけど、そういうもんなんですか?
ずっとxreacoreserverしかいじってなかったから、サーバー引っ越しなんてシームレスに出来るのが当たり前だと思ってたよ!!!

 

確かにエックスサーバはそこそこ安定してるかもだけど、ワードプレスの更新ボタンでぐるぐるカーソル回っちゃって変更全部消えたとか、コアサーバ時代はなかったし。
不安定になったらいつでもサーバのりかえられたし。
それとも、企業のウェブサイトなんかは、夜中に「メンテナンス中です」とか出して作業するから、シームレスでなくても構わないってことなんでしょうか。

ちょっとコアサーバから引っ越したのは早まったかも…。

3/28追記

結局引っ越ししてみました。思ったよりはスムーズでした。

エックスサーバ間の独自ドメイン引っ越しログ - 渡米生活。(日記)