読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡米生活。(日記)

渡米生活。本家から切り離しました。あまり渡米生活に関係のないプログラムネタや音楽ネタなど。

体の捻れ修正

自分は整体でいう上下型、左捻れ、開型のどれかの傾向があると思っているのだけど(ホントかどうか知らない)、最近捻れがひどい。

上下については、まあ非常にわかりやすい体癖だから、多分そうなんだろうな、と思う。四六時中考えごとをしている、腹が立つことがあっても、抗議の手紙を書いているうちに怒る気が失せてしまう、お辞儀をすると前に体重がかかる、「他人の目は気にしない」と小さい頃から自然に思っている(実は、そんなことを思うのは、他人の目を気にする傾向があるから。ただし、そう思っても本人の前では絶対口にしないように。難しい顔をして、如何に自分が他人の目を気にしていないかを、滔々と語られるのがオチです(笑))など。
これは整体の先生の私に対する言動をみていても、多分そのへんを意識していると思うから、これがメインの体癖なんだろう。

更に、左捻れがあるのは確実。子供の頃から机にまっすぐ座るとノートを斜めに置かないと書けないし、車のバックのときは、こっちでは右ハンドルにもかかわらず左から後ろを見てしまう。右側にはものすごく捻りにくい。

で、"おシリがびっくりするほど大きい"(野口氏曰く、十種の特徴だそうで)上に、靴のかかとは必ず後ろ外側が減る。かかとをつけてしゃがもうとすると後ろにひっくりかえってしまう。
ということは、多分開型十種の傾向がある。

人間だれしも偏っているものだから、別に偏るのは構わないのだが、偏り過ぎはやっぱり色々問題を起こす。


最近、どうも腰の右側が痛くて、どうも何かおかしい、と思っていたら、今日ついにキーボードまで捻って打ち出したことに気づいた。
机に置いたノートが歪むのはいつものことだけど、流石にキーボードまでは歪んだことがなかったのに、もう体を捻ってそっぽを向くか、キーボードを斜めに置くかしないとまともに打てない。

こりゃ捩じれ過ぎだ、と思って、左捻れ用の八種体操をやってみたら、一発でキーボードの角度がまっすぐになった。
それは結構なことなのだけど、そのとき、どうも腰の左側にまったく気が集まらないことに気づいた。

ここへきて、何かおかしい、と気づく。
左捻れなら、使い過ぎで疲労しているのは腰の左、痛みがあるのも左側のはずでは?
それとも、もう左の疲労が分からなくなって、右にも負担が来始めている??

とにかく、八種体操で左腰に力を集めたら、なんとも言えない重い感じが左下腹部にある。
とすると、今出ている捻れは、もしかしたら体癖的なものじゃなくて、別の原因かもしれん。。。


とにかく、暫く八種体操続けて鈍っている左の腰の弾力を取り戻すことにするか……。